9784101250236


兄は泉水、二つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するような謎のグラフィティアートの出現。そしてそのグラフィティアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。謎解きに乗り出した兄が遂に直面する圧倒的な真実とはー。溢れくる未知の感動、小説の奇跡が今ここに。(「BOOK」データベースより)





憎いから繋がりに苦しみ、愛おしいから”繋がらない”ことに苦しむ。

本当に苦しかったのはどっちだろう。あの時点までは繋がりへの憎しみが根底にあると思ってた。しかし最後まで読むとどちらがより彼を無意識に苦しめていたのかを考える。

間違いなくその人は立派で、偉大な尊敬すべき父親だったと思う。そんな素晴らしい人と繋がらない自分。それが苦しみの本質かもしれないと感じてしまった。

だから最後のそれは、そんな苦しみからも解放されるという意味合いもあったのでは。


>重力ピエロ [ 伊坂幸太郎 ]


感想(321件)




>重力ピエロ【電子書籍】[ 伊坂幸太郎 ]







にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ







ネットオフ 日本最大級のオンライン書店 書籍在庫100万冊!

ネットで本を買うなら送料無料の「honto」で!電子書籍も国内最大級!

『駿河屋ブックス』

電子書籍サイト【ConTenDo|コンテン堂】

絶版・品切れ本を皆さまからの投票で復刊させる読者参加型のリクエストサイト復刊ドットコム

ハーレクインライブラリ

スキマ時間にはビジネス書を「聴く」。オーディオブックのFeBe

国内最大級の取り揃え!【ひかりTVブック】

【ひかりTVブック月額プラン】

"完売チケット"なら"チケスト"で

中古DVDもんきーそふと【送料無料】